◆◇金色に輝く巨大鯉が見られる隠れパワースポット◇◆
日本一の渓谷美といわれる昇仙峡にある「昇仙峡ロープウェイ」には、乗り場に向かう途中に「黄金池」というパワースポットがあります。

ロープウェイが創業した当時からあるこの池には、元々巨大な真鯉が30匹以上住みついていて、ロープウェイを見守っていました。
しかし、2013年2月、甲府市は120年振りという大雪に見舞われ、この時に池の鯉は全滅してしまいました。
これを機に、池をリニューアルし、幸運の象徴といわれる珍しい「黄金鯉」を元気に泳がせ、訪れた方に幸せを運ぶ池として親しまれ、生まれ変わったのが「黄金池」の名前の由来となっています。何匹もの鮮やかな金色の鯉が池を泳ぎ回る姿は、その迫力から見る者を幸せな気持ちにさせてくれます。

また、昇仙峡ロープウェイを上がった先には、富士山や南アルプス連峰が一望できるパノラマ台があります。
ロープウェイを上がってしか見られない壮大な景色もあわせてぜひお楽しみください。