甲斐善光寺は、武田信玄公によって創建された有名なお寺です。
信玄公が、長野の善光寺が川中島の戦いで戦火に遭うのを恐れ、本尊の阿弥陀如来をはじめ諸仏や寺宝類を甲府に移したことが始まりで、武田氏の滅亡以後も、徳川家康らの手厚い保護を受けてきました。
本堂と山門は国の重要文化財になっています。
撞木(しゅもく)造りの本堂は、東西約38m、南北約23m、高さ約26mもある堂々としたもので、東日本最大級の木造建築物です。
天井には巨大な龍が2匹描かれ、その絵の下で手を叩くと音が反響し、まるで龍が鳴いているような音が聞こえることから「鳴き龍」と呼ばれています。
また、何も見えない真っ暗な中を壁だけを頼り進んでいく「お戒壇めぐり」もぜひ体験してみてください。